So-net無料ブログ作成

デビロックナイト・ファイナル [Music]

デビロックナイト・ファイナルに参加してみた。
DEVILOCK NIGHT THE FINAL
IMG_0061_2.jpg

サイトで出演者が発表されるのを見ていても、なかなか参加する気になれなかったんやけど、最終的にはなんとなくだまされた感じでチケット予約して、なんとなくチケットを購入して、、、。ただ結果的にえらく楽しめたイベントになったわけで。

久しぶりに見るバンドもいっぱいあったし、事前予習から面白そうで、実際ライブで楽しめたのもあったし、全く期待してなかったんやけど想定以上によかったバンドもあったし。

一人参加は寂しい部分もあるけど、思いつきで自由に動けるからこそ楽しめたのもいっぱいあったからよかったのかも。

あんまりこの規模のイベントはないけど、またあれば是非参加したいのですよ。ま、デビロックナイトは最後だからもう開催はないんやけどね、、、。

以下、見たバンドの感想など


大阪ラモーンズ / 少年ナイフ [Music]


大阪ラモーンズ

大阪ラモーンズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: CD


思い起こせば、1995年11月

RAMONESの2Daysライヴ@大阪IMPホール。
自分にとって初めてのスタンディング・ライヴ。

会場大きいのに観客は意外と少なくて、演奏始まるまで何となく手持ち無沙汰で。

気がついたら会場が暗転。

興奮する観客の流れに任せてステージ前方に押し寄せて、狂喜乱舞の人の波にもみくちゃにされて、息も絶え絶えようやく演奏を聞く余裕が出来て、よく聞いたらRAMONESじゃなくて、シークレットで前座に出てたという少年ナイフだったという。

そんな少年ナイフのRAMONESカバーアルバム。少年ナイフのカバーは原曲に極力忠実にカバーしてるように感じた。変なアレンジとか入れずに。少年ナイフのRAMONES愛を感じた。

このアルバムを聞くたびにあのIMPホールのことを思い出すことでしょう。ありがとうございます。

ちなみに二日目は一日目の経験があるので、冷静に聞けました。

少年ナイフのオフィシャルにてメンバーが当時の想い出を語ってくれてます。あのハードロックカフェの打ち上げの場、自分もいました。これもいい想い出。

少年ナイフ オフィシャル


"Electric Eye" / Duff McKagan's Loaded + Corey Taylor [Music]

やっぱりCorey Taylor (Slipknot)は歌うまいなぁ、、、。かっこいいよ。Loadedのメンバー、大事なイントロで音間違えたら駄目だって。せっかくの見せ場やのに。

Duff McKagan's Loaded + Corey Taylor の最近のイベントでの"Electric Eye"

以下、両方fancam。全部のFancam足せばいいデータになりそうな予感。

◎音がいいヤツ


◎画がいいヤツ

今年良く聞いたCDですが、、、 (2010年) [Music]

ホント最近ブログ全然更新してないってば。

すっかり年末。
別になにかあるわけでもなし、焦るわけでもない。
年が変わっても個人的にはなにも変わりませんし。

なので、今年発売の今年よく聞いたヤツです。



続きを読む


Big 4: Live From Sofia Bulgaria [Music]


ザ・ビッグ・フォー~史上最強の夜!~ デラックス・エディション [DVD]

ザ・ビッグ・フォー~史上最強の夜!~ デラックス・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(D)
  • メディア: CD

日本でやってくれないかなぁ、、、。

で、今月号のBurrnにも乗ってた『Am I Evil』

一人楽器を持っていないベラドナが可愛い。
METALLICAメンバーとムステインが同じステージにいる。
こんなん絶対盛り上がるやん。卑怯だわ。かなり鳥肌たった。

Into the Night + Diamonds / Enforcer [Music]

Into the Night

Into the Night

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Heavy Artillery
  • 発売日: 2008/11/18
  • メディア: CD
Diamonds

Diamonds

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Heavy Artillery
  • 発売日: 2010/05/25
  • メディア: CD
NWOTHM繋がりで。
スウェーデンのEnforcerってバンド。

最近知ったんやけど、このバンドも熱い。
音は古いんやけど、疾走感とかメロディーとかツボ。
ボーカルのビジュアルがセバスチャン・バックとかぶるけど。
あぁ、いいバンドやね。

で、年明けに来日も決まったみたいで。
本気で行くかどうか迷ってみる。

Live at ” Headbangers Open Air 2009 "
「Black Angel」 「Curse The Light 」 「Mistress From Hell」
このライヴは熱い。「Black Angel」はキラーチューン。


2ndの#3「Katana」。
♪katana(刀)、katana(刀)っていうサビが滑稽だけどいい曲。


Crisis in Utopia / Holy Grail [Music]


Crisis in Utopia

Crisis in Utopia

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Prosthetic Records
  • 発売日: 2010/10/25
  • メディア: CD

未だにLOUD PARKの感動が抜けません。
Loud Park史上最強のオープニングアクトHoly Grailの1stアルバム。
捨て曲なし。カッコ悪いジャケット。申し分なしです。
イベント前に発売して欲しかったわ。

ただ、ただ熱い。これは名盤。EPの曲も撮り直してくれてます。
あの感動が蘇ります。拳を振り上げたくなります。

ジャンルはNWOTHM(New Wave Of Traditional Heavy Metal)。
このジャンルは要注意です。

アルバムの1曲目と3曲目。ライブでもバッチリやってくれました。



LoudPark10でのスタッフ撮り(?)。拳振りあげてます。自分も振りあげてました。


Loud Park 10 (さいご) [Music]

はい。終わってしまいました。
◎Loud Park 10

会場が埼玉に戻ったこともあり、昨年よりは楽しめたかも。
加えて例年より会場外での休憩も少なめで、結構演奏を見ていた気がする。
あと、毎度のことながら今年も個人的に午前中が熱い。
終わって数日経ちますが、未だに抜けきってません。
特に初日のオープニングアクトは終わってから毎日聞いてます w

以下、年々記憶が断片化していくので、日記気分で。
あくまでライヴレポではなくて、感想です。

(忘れないように・・・)


Loud Park 10 (その4) [Music]

あと4日。

◎Loud Park 10

最終的には結構大人しいLineUpになった気がしてならない。
今年も事前に音源は用意したけど、殆ど予習はできてない。

でも、結局、ライヴとかで盛り上がるのって「知ってる曲」じゃなくて「思い入れのある曲」に
なってしまうんやよなぁ、、、。学生時代にコピーした曲とか、何度も何度も聞き込んだ曲とか。

そういう意味では一番熱くなってしまうのは、KOЯNかOZZY、RATTになるような気もする。
いずれにせよ、楽しみなのは間違いなし。


イントロで昇天してしまいかねない名曲。4日後、、、。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。