So-net無料ブログ作成

テクノイベントなるものに参加してみた、、、KU’DAMN@熱血社交場(2012/2/4) [Music]

テクノイベントなるものに参加してみた、、、

491048297.jpg




きっかけは前週開催の24時間イベント

TakemasaThrash-2.jpg

イベントは知ってたんやけど、Twitterでやり取りある人に「参加してちょうだい!」って誘われたので、興味あったので参加した(当の本人のバンドは諸事情でキャンセル(涙))。

イベント開始後、数時間はいろんなバンドが演奏してたんやけど、深夜になるころにはDJタイム。今までDJとかって触れたこともなかったんやけど、その時間帯が何となく心地よかった。

バンドが演奏しているときはステージ前方に数十人の人がいたんやけど、DJタイムのころには前方はガラガラ。会場内がDJ、音響、カウンターの人合わせて8人になることも、、、。

そんな状況でも黙々と音楽流してるDJってのに非常に興味を持った。実際になにを操作してるのかも全然わからんし、当然曲もわからんし、、、。ただただ音楽が止まらず鳴り続けてるだけ。

忙しそうにレコード入れ替えて、なんか操作して音鳴らして、ヘッドフォン当ててなんかを確認して、たまに喋って、、(喋るってのは相当レアケースだと後日知る)。全くなに操作してるかわからん。なにしてるかわからんから酒飲みながら、タバコ吸いながら、じぃ~っとDJ見てた。

で、音楽なってるからリズムは取るし、どうせ周りの人も全然いないから、気になる物もなくて、体は揺れてるし。そういう時間がすごく楽しかった。

あと、DJが入れ替わるときの所作がカッコよかった。大した会話をするわけではなく、自然にフェードイン・フェードアウトする様が素敵だった。

気がついたら、数時間DJなる演者の音に陶酔していたわけですよ。

、、、ってな感想(といっても「面白かった」だけやけど)をTwitterで呟いてたら、近場でイベントやるらしいことを知ったので、参加することにした。



で、冒頭のテクノイベントに参加。当日は近場でバンドのレコ発イベントも開催されてたので、そちらに参加してからのダブルヘッダー。

結構早めに会場入りしたので、中の人はチラホラ。多分両手で数えれるくらいだったと。一抹の不安を覚える。

DJがなんか操作してる。フロアにはデカいスピーカが置いてあってデカい音で音楽が流れてる。流れてる音楽のジャンルは不明。ただワクワクしてるのは確か。

最初のDJ終了 → 次のDJ登場。所作が素敵。

やっぱり流れる音楽は不明。ただただ音楽が流れる時間が過ぎていく。黙々となんかを操作してるDJ。それを聞きながら体動かしてるお客さん。爆音。アルコール飲みながら、タバコ吸いながら、その会場内の雰囲気を俯瞰的に眺めてる。自分も体動かしながら。

気がつけばフロアに人がいっぱいになってた。不思議な光景。みんな体動かしてる。不思議な光景。フロアにいる人もなにかに陶酔するかのように体動かしてる。なんか面白い。不思議な経験。

Twitterでやり取りしたDJさんが呟いていた意味が色々わかった。

バンドが一気にピークを持っていくのに比べると、DJの構成は時間がかかるよう。序盤・中盤はじっくりじっくり終盤に向けて雰囲気作って、終盤に一気に盛り上げる。バンドが短距離走でDJが長距離走。

結論、意味は全く理解出来なかったけど、意味を理解する必要もないと感じたし、ただその場の雰囲気を個々が自分なりに楽しめばいいんだってことがわかった。


新しい楽しみ見つけてワクワクが止まらん。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。